ロボアドバイザー「テオ(THEO)」15ヶ月目突入。2018年6月末の実績を大公開!

ゆたつか父さんです。こんにちは。

2017年3月に300万円投入して始めたロボアドバイザー「THEO(テオ)」が15ヶ月経ちましたので、実績などをご報告いたします。

THEO(テオ)とは

THEO(テオ)は株式会社お金のデザイン社が提供するサービスです。

金融工学が専門の加藤康之京都大学特定教授の監修のもと、機関投資家が行なっている資産運用サービスと同水準の資産運用を、テクノロジーを駆使することで個人投資家に提供することが大きな目的としています。

2018年5月末日時点で、20代・30代を中心に、運用者は43,700となっています。

ウェルスナビには及ばないものの、人気のあるロボアドバイザーです。

全く金融の知識がなくても、高度な知識や手間なしに国際分散投資を行うことができるサービスです。

THEO(テオ)の特徴(ホワイトペーパーより抜粋)
・ ユーザーひとりひとりが資産運用に何を求めているかを、アルゴリズムにより分析する。
・ 最大30種類を超えるETFの組み合わせにより「国際分散投資」を実現している。
・ 人の予想や感情などを排除し、定量的な分析に立脚してアルゴリズムが行う「クオンツ運用」によって運用を行なっている。
・ 伝統的な資産運用手法のみならず、リーマンショックなどの事象も踏まえた投資理論に立脚した運用を行なっている。
・ ETFの売買においても、人の感情や手間を排除したアルゴリズムが活用されている。
・ 継続的なポートフォリオのメンテナンスを行っている(リバランス)。
・ 定期的にポートフォリオの内容の見直しを行っている(リアロケーションと投資対象銘柄(ETF)の見直し)。
・ 加藤特定教授、資産運用部、その他資産運用のプロフェッショナルによって構成される投資委員会により、運用のモニタリングと改善が行なわれている。

また、2018年5月からは、世界中のニュース/ブログ/SNSといった膨大な自然言語情報から作成される市場心理指数と市場データをもとに、機械学習アルゴリズムが、投資対象銘柄またはポートフォリオが一定期間後に大きく下落するかどうかを判断する「THEO AI アシスト機能」が搭載されています。

この機能は国内のロボアドバイザー では唯一の機能となっています。

THEO(テオ)の2018年6月末の運用実績

300万円を最初に投入して、毎月10万円づつコツコツ積み立てています。

こちらが、円建ての運用結果です。

2018年6月末の結果は、5月末(+2.29%)よりも0.88%上昇し、3.17%の含み益です。

そして、ドル建ては、先月6.70%でしたが、今月は5.84%(-0.86%)の含み益になっています。

2017年8月末からの含み損益の円ベースでの推移です。

2018年に入ってからの暴落などで、一時はマイナスとなりましたが、回復してきています。

5月と比較すると大幅上昇です。

 

2018年6月の資金の動き

一応、資金の動きもみておきます。

THEO(テオ)は、毎月、ETFの購入、売却でリバランスを行います。

ウェルスナビ は、半年に一度、売却によるリバランスを行いますが、テオ(THEO)は毎月売却によるリバランスを行います。

ここが、ロボアドバイザーで有名なウェルスナビ との大きな違いです。

6月中の入出金と6月末のポートフォリオ

ETFの購入

追加投入した資金分、売却したETFと配当での再投資がこちら。

全体のポートフォリオは、グロース48%、インカム27%、インフレヘッジ25%ですが、今月は、グロースを中心に購入していました。

赤ワクで囲ったものが、6月に新たに組み入れられたETFです。

インド、台湾、ドイツの株式のETF、国際ハイイールド債のETFが組み込まれました。

ETF銘柄の売却

2018年4月の売却は約80ドル、5月は約780ドルの売却でしたが、6月は約5400ドル売却しています。

赤ワクの韓国、アグリカルチャーのETFは、6月末の保有がなくなっています。

6月末のポートフォリオ

28本のETFを保有していました。

ここもウェルスナビとの違いの二つ目ですが、ETFの銘柄が非常に多いです。

THEO(テオ)は毎月、売却と購入をくりかえしながら、設定されたポートフォリオに毎月近づくようにリバランスを行なってくれます。

これ、個人ではできない運用です。

配当と手数料

2018年6月の配当と手数料です。

THEO(テオ)の手数料は積立金の1%です。

今月は、配当が多めで、手数料が気にならないレベルです。

まとめ

毎月、定額で購入して、タンタンと積立てできる「THEO(テオ)」は個人ではできないリバランス機能を持ったロボアドバイザーです。

銀行に預金しても増えない時代がずっと続いていますので、15ヶ月でドル建て6%弱の含み益は上出来ですね。

為替の変動によっては、よりプラスになる可能性も。。。

預金の一部を取り崩しながら、定額の積み立てを始めてみるのも良いのではないでしょうか?

新キャンペーンスタート

「THEO(テオ)」口座に10万円以上の入金を行った方を対象に追加入金額によりプレゼントが行われています。

① プレゼント付与時点でTHEOで資産運用を行っていること

② キャンペーン期間中に合計10万円以上の入金があること

 ※クイック入金、銀行振込、ボーナス積立による入金が対象(毎月の積立による入金は除外)

 ※ 2018/6/28〜2018/8/31のキャンペーン期間中に、​1度でも出金した方は対象外​

 ※ 〜6/22までの積立キャンペーンにおいて、積立を行った方は対象外

ご留意事項

最後までご覧いただきありがとうございます。

投資は自己責任です。きちんと資金管理して、すぐに使い道があるような資金ではなく、余裕資金で、かつ、余裕を持って運用をしましょう。

何かの参考になればと思います。

 

同時期に始めたロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」の直近の運用状況、父さんが実践しているロボアドバイザー3社の運用実績の比較、「THEO(テオ)訪問録」はこちらです。

【運用実績公開】ロボアドバイザー(WealthNavi VS THEO VS クロエ)を比較してみました。

2018.08.01

ロボアドバイザー「THEO」を訪問。中の人に直接お話をきいてみました。

2018.07.03

ロボアドバイザー「ウェルスナビ(WealthNavi)」15ヶ月目突入。2018年6月末の実績を大公開!

2018.07.02

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください