【実績公開】インヴァスト証券のETF自動売買「トライオートETF」の「ナスダック100トリプルスリーカード」の初利益確定をトレースしてみました

ゆたつか父さんです。こんにちは。

3月22日から始めたインヴァスト証券のETF自動売買「トライオートETF」の

「ナスダック100トリプルスリーカード」が米国時間の3月26日に初めて利益を

出してくれましたので、自動売買の実際の動きと実績をトレースしてみました。

なお、2018年6月22日から「ライジング」をアレンジして運用していますので、こちらもご参考にしてください。

ETF自動売買「トライオートETF」の新たな自動売買ロジック「ライジング」をアレンジして再スタートしてみました

2018.06.22

ETF自動売買「トライオートETF」の「ライジング」が下落・上昇したらその時どうする?

2018.06.25

 

初めて利益確定した日の利益は

ジャーン。

8,026円の利益が出ました。

36万円でのスタートなので、元本に対して2.2%の利益が出ています。

設定時の記事はこちらをご参照ください。

インヴァスト証券のETF自動売買の「トライオートETF」で「ナスダック100トリプル_スリーカード」を始めました。

2018.03.20

実績を公開します。

約定照会画面です。

ナスダック100トリプルスリーカードは9本の自動売買が動く仕組みになっていて、

No01からNo09まで番号が振られています。

これはNo03のPC版の約定照会画面です。

144ドルからスタートして、売りが4回行われ、2,996円の損益となっています。

No3の利益は2,996円ですが、別の動きをしているものがさらに利益を出して、8,026円の利益となりました。

値動きの仕組みをチャートに書き込んでみました。

どんな動きをしたのかが気になったので、No03のチャートに動きを書き込んでみました。

開始価格は144.00ドルからスタートして、マーケットが大きく上昇してスタートしたため、

本来の利確幅+1.40ドルを飛び越えて約定しています。

このため、+5.3ドルで決済されています。

3口やっていますので、日本円に換算すると、以下の計算になります。

5.3ドル × ドル円レート(105円16銭)  × 3口 = 1,672円

なお、為替レートは決済時点でのものとなります。

ちなみに、通常の+1.4ドルの利確幅で3口約定した場合は、上記と同じ為替レートで、

441円程度の利益になります。

自動売買で、利確幅、カウンター値、フォロー値にしたがって、売ったり買ったりしていました。

お利口ですね。

9本の設定は

以下のとおりです。

No1、2とNo4、5とNo7、8が同じ設定になってしまっています。

そのうち様子を見て、手動で変更しようと思います。

NO 口数 エントリー価格 利確幅 フォロー値 カウンター値
1 3 171.200 1.40 1.15 -2.80
2 3 171.200 1.40 1.15 -2.80
3 3 144.000 1.40 1.15 -2.80
4 3 171.200 1.40 1.15 -3.85
5 3 171.200 1.40 1.15 -3.85
6 3 144.000 1.40 1.15 -3.85
7 3 171.200 1.40 3.60 -8.15
8 3 171.200 1.40 3.60 -8.15
9 3 144.150 1.40 3.60 -8.15

9本の評価損益、実現益、金利調整額

米国時間の26日の終値が156.73ドルでしたので、それぞれの評価損益、実現益、金利調整額は以下のとおりでした。

NO 買建のポジション 1口あたり評価損益(ドル) 3口分の評価損益(円) 実現益 確定金利調整額 未確定金利調整額
1 171.20 🔺14.47 🔺4,690円 0円  0円 🔺26.5円
2 171.20 🔺14.47  🔺4,690円 0円  0円  🔺26.5円
3 156.36 0.37 1円  2,996円 🔺11円   0円
4 171.20 🔺14.47  🔺4,690円 0円  0円 🔺26.5円 
5 171.20  🔺14.47  🔺4,690円 0円  0円 🔺26.5円 
6 155.53 1.20 264円   2,996円  🔺11円   0円
7 171.20 🔺14.47  🔺4,690円 0円  0円 🔺26.5円 
8 171.20 🔺14.47  🔺4,690円 0円  0円 🔺26.5円 
9 ー  0.00  0円 2,067円   🔺11円   0円
合計  ー ー  🔺27,875円 8,059円 🔺33円   🔺159円

合計部分をトータルすると、マイナス20,008円です。

ちなみに、このトライオートETFは含み損が、次にマーケットが上昇した際の

利益確定の源泉となる取引のため、父さんは、評価損は、意識していません。

必要証拠金の以上に余裕を持った取引をしているためです。

ただし、暴落した時に自動ロスカットになるかもしれませんが、

自動ロスカットにならなければ、36万円が利益をもたらしてくれるからです。

金利調整額とは

ところで、「金利調整額ってなに?」って思いませんでしたか?

金利調整額は「買ったポジション」にかかっている金利等の手数料の額です。

建玉を翌日営業日に持ち越すと発生します。

日々計算されていますが、実際には、以下のタイミングで決済されます。

金利調整額の決済タイミング
・買ったポジションが自動売買で売れた時
・3・6・9・12月の最終取引日 

なお、買いのポジションの場合の金利調整額の計算方法は、以下のとおりです。

前営業日の終値 × ドル円レート × 保有口数 × (1.25%+Libor)× 付与日数/360

Liborは2018年3月時点で2.56418%が使用されています。

※リンク部分をクリックいただくとその月のLiborが見られます。

 

今後の運用結果について

不定期で公表していきます。

自動ロスカットになるか、利益がどんどん上積みされるか。。。

果たしてどうなるでしょうか?

ご留意事項

あくまでも、父さんの設定を開示しているだけです。

投資は自己責任です。きちんと資金管理して、すぐに使い道があるような資金ではなく、余裕資金で、かつ、余裕を持って運用をしましょう。

最後までご覧いただきありがとうございます。

何かの参考になればと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください